ホルモンバランスを整えてくれるサプリでPMS対策を

自分の体に優しくすること

頭痛に悩む婦人

生理前の心身の不調に

女性は月に一度定期的にある程度の期間で月経が訪れます。これは女性が赤ちゃんを産む為には必要な自然現象なので止めることはできないものです。最近、知られていることに女性特有の月経に付随した症状としPMSがあります。これは月経前に定期的に心身に不調をきたす症状のことで治療の対象とされています。特徴としては、月経前に起こり精神面ではイライラしやすくなったり憂鬱な気分に悩まされたり情緒が不安定になりやすくなります。身体面では頭痛に悩まされたり腰痛や必要以上の眠気に襲われたり逆に不眠に悩まされたりします。その他にもPMSの症状は多岐にわたりその症状の種類は200以上あると言われています。また、人によってそのPMSの症状がでる強さに違いがあり個人差が大きい点があります。

自分の不調理解を

大切なことは自分がPMSかなと感じたらその不調を理解していくことです。まずはどんな不調を抱えやすいのかを知ることが対処や治療の第一歩となりますので、日記などにその日の体調や気分などを書き込むようにしましょう。日記などにメモとして残しておくと後から自分のPMSの症状について深く理解することができますし、医師に相談するときにも具体的に相談しやすくなります。自分でできる予防策としては、食事内容をバランス良くすることを心がけ有酸素運動を定期的にするようにしましょう。どちらもPMSの症状を軽くする効果があります。また、たばこは血行を悪くしホルモンバランスを崩してしまうので禁煙に努めるようにし、お酒やコーヒーなどに含まれるカフェインの摂りすぎはイライラしやすい症状を招くので控えることをお勧めします。さらに症状緩和に効果が期待出来るサプリメントの摂取もすることで対策できます。いまはピクノジェノールといって、抗酸化力に優れたものが配合されているサプリメントが増えています。これはPMSの治療に大いに役立つ成分です。他にもプラセンタやイソフラボンの成分がいいと言われているので、運動や食生活の改善対策も行ないつつ、サプリメントも取り入れて治療を行なっていきましょう。

生理のこと

ワンピースの女性

女性特有の病気であるpmsは、精神的な安定の妨げになる厄介な病気です。生理前症候群と呼ばれる事から分かる通り、生理が発生する1週間ほど前から生理後に渡るまで、長期間女性を悩ませ続ける病気なのです。一般的には、食事による改善が効果的と言われています。

More Detail

自分で出来る緩和法

植物

pmsは症状を緩和させることができます。身体を冷やさない、女性ホルモンを補う、ストレスをためないなどを試してみましょう。pmsの症状は心身ともに様々な症状が起こり、生理が始まると自然と落ち着いていきます。症状に気がついたら早めの対策が必須です。

More Detail